神社仏閣用材
KATSUNO WOOD

西の正倉院寒川神社天理教教会本部武庫山理性院
越谷市能舞台安弘見神社神松山興福寺龍洞山正願禅寺正覚山天福寺

龍洞山正願禅寺

所在地 岐阜県可児郡御嵩町中切 1224-1
竣工 平成13年(2001年)
規模 客殿
TEL 0574-67-0819
交通
電車 JR「土岐市駅」より車で15分。名鉄「御嵩駅」より5分。
中央自動車道「土岐IC」より10分
納材 木曽檜100年生、柱、化粧桁、造作材他 内地赤松:梁、桁

雄大な自然の中で勤める禅の寺院

 岐阜県上之郷中切の南に向かった山の中腹に正願寺はあります。延慶3年(1310年)の創建と伝えられ、本尊は聖観音菩薩像(胎内仏)、本尊鞘仏は十一面観音菩薩像(ともに町文化財指定)です。寛政6年(1794年)に建立された山門形式の鍾楼門は、本堂と裏山をひかえた所に建てられており、雄大な印象を与えてくれます。平成12年、老朽化が進んでいた旧庫裡棟を解体撤去し、翌平成13年新しい庫裡が完成しました。

臨済宗妙心寺派
 開祖は栄西禅師(1141〜1215)。釈迦如来本尊。妙心寺派、建長寺派、・・など、14派からなる教団の総称を臨済宗と呼び、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗の三つを総称して「禅宗」と呼ばれています。座禅修業により、精神統一し自己と向き合い、悟りを開くことを目的としています。厳格な戒律が武士社会に受け入れられ幕府の保護を受け、絵画(水墨画)、演劇(能)、茶道等、中世の文化に非常に大きな影響を与えました。

着々と完成に向けて 上棟の法要

西の正倉院寒川神社天理教教会本部武庫山理性院
越谷市能舞台安弘見神社神松山興福寺龍洞山正願禅寺正覚山天福寺