販売方法・メリット
KATSUNO WOOD

伐採から納入までを一貫して行うことが「総合林材業」としての強みです。
〜環境と健康にやさしい木材〜信州木材製品認証センター認定 信州木材製品認証センター

よく省力化・合理化された社内一貫生産で、品質管理とコストダウン

当社では、経験とカンを必要とする「立木伐採」「搬出」から正確で安定した技術の求められる「製材」「乾燥」「仕上加工」まで、社内で一貫生産体制をとっています。これは、製材ラインをコンピュータ制御化することで製材時間の短縮による効率化、従来25〜30人かかった人員を2、3人にすることで人件費のコストダウンをはかり、品質の管理・維持を徹底しております。さらに、問屋などを通さずに直接お客様と取引をすることで中間マージン削除によるコストダウン等を可能にし、より良い品質の木曽檜を、よりお求め易い価格でご提供することを実現しました。


高品質を支える技術力

製材ラインのノーマン製材機1・2号機はコンピュータ制御で木材を無駄なくスピーディーに製材。これを乾燥機6機で含水率20%以下に乾燥し木の安定した性能を引きだし、100分の1ミリの仕上げ精度を持つαカットで仕上げます。さらに柱1本毎にグレーディングマシンで含水率・強度(ヤング係数)を測定し印字して性能を明確に表示して出荷するなど、当社ではリーズナブルでありながら木曽檜を最高の状態でお届けするための努力を惜しみません。


従来の流通ルートとの比較

流通ルートの見直し、商品を直接お客様のご指示の場所へ納入。問屋などを通さずに中間マージンを削除することでコストダウンを可能にしました。

従来の流通ルートと勝野木材の流通ルートの比較図